トップページ > 毛量測定法「Medical Bold Scale(メディカルボールドスケール法)」

毛量変化測定法 -Medical Bold Scale法-
メディカルボールドスケール法  2011年6月特許出願

毛量変化測定法

近年、医療の進歩により、頭髪医療も非常に身近なものとなってきました。私共の様なAGA・薄毛治療の医療機関にて治療を行う事も可能になってきましたし、同時に、医療以外の枠組みの中でも、育毛剤の使用やエステの施術など「発毛」を目的とした商品やサービスも、日々増えてきているのが実情です。

しかしながら、その効果については、感覚や満足度に伴う主観的な判断基準しかなく、なかなか客観的に効果を比較検討出来ないのが現状と言えます。

その様な実情を元に、当院(銀座総合美容クリニック)は「毛量の数値化」ならびに「毛量変化の数値化」を目的とした毛量測定法「Medical Bold Scale(メディカルボールドスケール法)」を開発し、2011年6月27日に特許庁に特許出願を致しました。(2015年10月2日:特許登録 特許番号:第5812719号 名称:頭髪撮影画像のデータ処理方法およびデータ比較方法)

この方法を用いる事で、「感覚や満足度に基づく治療効果」に「点数による客観的な治療効果判定」を加え、より満足度の高い頭髪医療が提供できるものと信じております。

「Medical Bold Scale」においては、段階的に治療に導入して参りますので、そちらについても、随時お知らせ申し上げます。

※ 本測定法は、同一被験者の毛量変化の測定を目的としたものです。頭髪医療の効果は、その症状や程度、薬剤の感受性などによっても大きく変わります。故に、本測定法を用いる事で治療法の優劣をつける事は出来ませんので、あらかじめお伝え申し上げます。

※ 個人の方からの「本測定法に纏わるメール・電話でのお問い合わせ」は、現段階では承っておりませんのでご了承ください。

毛量変化測定法 治療前

毛量変化測定法 治療後

▲上に戻る