トップページ > AGAとは?

AGA(男性型脱毛症)とは

「早めの対策」が重要なキーワード 男性型脱毛症とは?

男性型脱毛症は、Androgenetic Alopeciaの略称である「AGA」を意味します。

男性型脱毛症は成人男性に良くみられる、男性ホルモン(テストステロン)の影響により頭髪が薄くなる状態の事で、主に遺伝的な要因から思春期以降比較的早い時期に発症し、額の生え際や頭頂部の髪がどちらか一方、または双方から薄くなっていきます。

男性型脱毛症(AGA)が進行し抜け毛・薄毛が目立つようになると、典型的な経過としては額の生え際の後退により特徴的な「M字」型パターンの額となります。 また、頭頂部の毛髪も細くなり、頭頂部全体の毛髪密度が低下する「O字」パターンの薄毛が見られる事があります。

男性型脱毛症(AGA)は40代男性の約3割に見られる一般的な症状であり、進行の防止には発症早期からの対策・治療が重要です。

「何故、早期の対策が重要なのか?」 »

男性型脱毛症の原因とは?

男性型脱毛症は主に遺伝的な要因によって男性ホルモンが毛髪に過剰に働きかけ、毛髪が正常な毛周期(ヘアサイクル)を営めなくなる為に発症します。

毛周期(ヘアサイクル)

AGAの毛周期(ヘアサイクル)

毛周期(ヘアサイクル)とは、頭皮において毛髪を生成する毛乳頭細胞が最も活発に活動し「太く・長い」毛髪が育つ「成長期」(約2年~6年)、毛乳頭細胞が毛根深部に小さく退縮し、毛髪の伸長が低下する「退行期」(約2週間)、さらに毛乳頭細胞が活動を止め、成長を停止した毛髪が脱落する「休止期」(約3~4ヵ月)という3つの状態からなる頭髪の状態変化のサイクルをいいます。人の毛髪はこの毛周期を40~50サイクル営んだ後、完全にその細胞分裂を止めることが解っています。

男性の体内では、主に思春期以降に生殖器や副腎皮質からの男性ホルモンの分泌量が増加しますが、この男性ホルモンを「テストステロン」と呼びます。

» このテストステロンは男性らしい身体の成長や、生殖器の機能を維持するために必要不可欠な物質ですが、20代~30代にかけてさらにテストステロンの分泌が活発となる時期に、主に男性の前頭部、口ひげ周囲、脇周囲に存在する「5α還元酵素」(5αリダクターゼ)と呼ばれる酵素によって、この部位にたどり着いたテストステロンが「ジヒドロテストステロン」(以下DHT)というさらに作用の強い男性ホルモンに変換されます。

テストステロン ⇒(5α還元酵素)⇒ ジヒドロテストステロン

このDHTは毛周期の「成長期」の毛髪に作用し、通常2年から6年ある成長期の期間を約数か月から1年という期間に短縮してしまう事がわかっています。成長期の期間が短縮すると、最も活動的で、長く・太い成長期の毛髪が減少すると同時に、相対的に「退行期」、「休止期」の細く短くミニチュア化した毛髪が増加する様になり、この変化が続けば主に前頭部の額の後退や頭頂部の毛髪の密度低下を引き起こします。この男性ホルモンDHTによる毛周期の乱れが、AGA(男性型脱毛症)の原因なのです。

ジヒドロテストステロンの産生 ⇒ 毛髪の成長期の期間が短縮 ⇒ 長く太い「成長期」の毛髪が減少、細く短い「退行期」「休止期」の毛髪が増加 ⇒ 毛髪の脱毛、ミニチュア化による頭髪の密度低下 ⇒ AGA

効果的な男性型脱毛症対策と治療

では、この様にして引き起こされたAGAに対して、どの様な対策や治療が効果的なのでしょうか。

上記の「AGA(男性型脱毛症)の原因」によれば、AGA・薄毛発症のメカニズムにおける重要なポイントは

要因1:5α還元酵素の働きにより産生されるジヒドロテストステロンの毛周期への影響
要因2:毛周期の「成長期」が短縮する事によって引き起こされた多数の毛髪の脱毛やミニチュア化


という、2つの要因である事が解ります。
AGA治療においては、この「2つの要因」に対する改善策が極めて重要になります。

要因1に対しては、5α還元酵素の働きを阻害し、ジヒドロテストステロンの産生を抑え「ジヒドロテストステロンの影響」から毛周期を守る効果を持つ薬剤にて治療を行います。 DHTの「成長期を短縮する」作用を防ぎ、数年かけて毛周期の正常化をもたらす事で、「今後の」毛髪の脱毛やミニチュア化を防ぎます。毛髪の現状維持の為に予防的に使用する事も多い非常に重要な薬剤です。

要因2に対しては、「既に」脱毛し、ミニチュア化してしまった毛髪を正常の状態に戻す事が重要になります。要因1対策における「毛周期の正常化」を待っているだけのアプローチでは、進行した脱毛・薄毛の改善にかなりの時間(数年単位)を要しますので、この既に脱毛し、ミニチュア化してしまった毛髪には、毛乳頭細胞に直接作用する「より積極的な発毛・育毛治療」が必須となります。

当院では、要因1への対策のみにとどまらず、要因2にもアプローチ可能な内服薬・外用薬・育毛メソセラピーなどの「より積極的な発毛・育毛治療」を行う事によって、より効果的なAGA治療を行っています。

AGA治療法について詳しくはこちら »

▲上に戻る