トップページ > 特集 育毛メソセラピー

特集 育毛メソセラピー

ノーニードル育毛メソセラピーとは (グロースファクター発毛治療)

ノーニードル育毛メソセラピー施術風景

当院で行う「ノーニードル育毛メソセラピー」とは、頭皮に直接、電気穿孔法と呼ばれる手法でミノキシジルやフィナステリド、VEGFやIGF-1等の成長因子(グロースファクター)や複合ビタミンなど発毛に有効な成分を直接注入し内服療法と併用することでより発毛効果を高める事を可能にする治療法です。注射器や針を使わないため、痛みはありません。

注入成分について詳しくはこちら »

「成長因子」「発毛治療薬」「血流改善」を含んだグロースファクター発毛治療
針を使わないノーニードルメソセラピー

針を使わないノーニードルメソセラピー

成長因子複合体:発毛の促進 IGF-1 インスリン様成長因子/bFGF 繊維芽細胞成長因子/VEGF 血管内皮成長因子 など

発毛治療薬:男性ホルモンからの攻撃をブロック・毛髪をより太く フィナステリド/ミノキシジル など(女性の薄毛治療にフィナステリドは使用しません)

血流改善・水分補給・抗脱毛 他 コエンザイムQ10/ヒアルロン酸/銅ペプチド など

育毛メソセラピーの効果
治療前

治療前

治療中

治療中

治療後

治療後

30代男性の症例。 治療開始から6ヶ月間は、内服治療に加え育毛メソセラピーを実施。6ヶ月後には毛量の増加を確認し、育毛メソセラピー終了後は内服療法のみのフォローで現在も治療を継続中です。

その他の症例写真はこちら »

育毛メソセラピーの特徴

その1:成長因子複合体・ミノキシジル・フィナステリドなどの有効成分を毛根直下に直接注入。

その2:内服療法との併用で、発毛効果をより高めることが出来ます。

その3:ノーニードルメソセラピーの採用で、施術に痛みが伴いません。

針を使わないメソセラピー 『ノーニードル育毛メソセラピー』

当院では、「電気穿孔法」(electroporation)と呼ばれる、ミノキシジル等の比較的分子量の大きな薬剤の大量導入を針を使わずに実現する機器を用いた、「ノーニードル育毛メソセラピー」も施術しています。

この機器は皮下1cm以内であれば目的の薬剤を80~90%導入することが可能ですので効果面でも非常に期待が持てます。何より「施術中・施術後の痛みや腫れが全く無い」面からも、当院では注射針を用いない本術式を採用しております。

注入成分について詳しくはこちら »

ノーニードル育毛メソセラピーの効果・特徴

その1:ノーニードル育毛メソセラピーなら、針を使わず無痛で有効成分を毛根直下に導入

その2:痛みや腫れが無い、よりリーズナブルな育毛メソセラピー治療

現在、AGA・発毛治療の基本はフィナステリドなどの内服療法ですが、内服療法では薬剤は全身の血管をめぐった後に 毛根に到達しますので、どうしても直接毛根に働きかける薬剤の絶対量が少ないというデメリットがあります。

かといって服用する量を増やしても、規定量以上の薬剤の使用は全身の副作用を招くリスクがあり非常に危険です。

この為、「直接毛根直下に薬剤を注入・導入」する治療法である育毛メソセラピーは内服療法の補助として、非常に期待が持てます。

当院では通常、ノーニードル育毛メソセラピーの施術を、半年間に8回の施術を1クールとして実施しております。

最初の2ヶ月は2週間に1度、その後月に1度の施術になります。効果が出てきた場合、その後もメンテナンスとして 2~3か月に1度の施術が望ましい治療です。

電気穿孔法(エレクトロポレーション)ついて詳しくはこちら »

育毛メソセラピー費用

ノーニードル育毛メソセラピー1回 ¥19,440-(税込)

  • 頭皮に明らかな湿疹・発赤などの炎症がある場合は施術できません。
  • 機器の特質により、ペースメーカー、金の糸などの金属類が体内にある患者様の施術は出来ません。また、施術時には貴金属類などを外していただく必要があります。
  • 非常にまれですが、ミノキシジル等の薬剤に対するアレルギー反応が出ることがある為、事前に検査を行う場合があります。
  • 内服治療との併用が重要です。

その他の治療費についてはこちら
無料カウンセリング予約

▲上に戻る